高等職業訓練促進給付金等事業

[概要]

ひとり親家庭のお母さんまたはお父さんが、看護師や介護福祉士、保育士など就業に結びつきやすい資格を取得するために、養成機関で1年以上のカリキュラムを修学する場合に、生活費の安定を図るため、訓練促進給付金を支給します。
また、カリキュラム修了後には、修了支援給付金を支給します。

[支給内容]

対象となる方の所得状況により、支給額が異なります。

<高等職業訓練促進給付金>
申請をした月から養成機関修了までの期間、3年を上限として毎月支給

  • 市町村民税非課税世帯:月額10万円
  • 市町村民税課税世帯:月額7万500円
<高等職業訓練修了支援給付金>
養成機関におけるカリキュラム修了後に1回支給
  • 市町村民税非課税世帯:5万円
  • 市町村民税課税世帯:2万5000円

[対象者]

和光市にお住まいの、20歳未満のお子さんを扶養しているひとり親家庭の母または父で、以下の要件のすべてを満たす方

  • 児童扶養手当の受給者または児童扶養手当を受給できる所得水準であること
  • 養成機関において1年以上のカリキュラムを修学し、対象資格の取得が見込まれること
  • 就業または育児と修学の両立が困難であると認められること
  • 過去に、この給付金や趣旨が同じ制度の給付を受給していないこと

[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

<高等職業訓練促進給付金>
修学を開始した日から養成機関修了までの期間、随時
※支給にあたっては、ネウボラ課で事前相談を受ける必要があります。

<高等職業訓練修了支援給付金>
修業期間修了後、30日以内

[手続きなど詳しくは]

「母子家庭等の自立支援事業(和光市サイト)」をご覧ください。

母子家庭等の自立支援事業(和光市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく